小説 玻璃真人新記(はりまびとしんき) 第一部 覚醒 作 新美宇受女(にいみうずめ) | shop0369

1/1

小説 玻璃真人新記(はりまびとしんき) 第一部 覚醒 作 新美宇受女(にいみうずめ)

¥3,000 tax included

Shipping fee is not included. More information.

小説 玻璃真人新記(はりまびとしんき) 第一部 覚醒
作 新美宇受女(にいみうずめ)
¥3,000(送料+税込)
サイズA5判 486ページ

玻璃真人新記とは
臨死体験を通してちょっと特殊な能力を身に着けた男子高校生の八重垣真言が、ある組織の陰謀に巻き込まれて命を狙われることに。匿ってくれた長田家の人たちや新しい仲間との出会いを通して成長していく姿を描く。
『玻璃』とは水晶を表す言葉。水晶のような透明な心を持ち世界を明るく照らす光を灯し続けていこうとする人たちのことをこの小説では『玻璃真人』と呼ぶ。
2008年に第一部を出版した時にはこの本で世界を変えたいと思った。そして十年以上の歳月が流れて第三部を書き上げた時には世界は変えられないと思った。この本にできることがあるとすれば、それは読む人の心に小さな光を灯すことだけだろう。

第一部 覚醒 あらすじ
高校二年生の八重垣真言がシュラ教団の陰謀に巻き込まれ事故で母親を亡くし自らも死に直面することから物語がスタート。組織から命を狙われることになった真言を助けてくれた長田司と出会い、自らが世界に光を届ける玻璃真人という集団の一員であることを知る。自分の運命に苦悩しながらも家族のように見守ってくれる人たちや信頼できる友人たちに助けられながら心と魂を成長させていく様子を描く。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥3,000 tax included

最近チェックした商品
    その他の商品